B型肝炎

B型肝炎

B型肝炎の予防接種や感染経路、症状やワクチン、治療法についてまとめています。救済のための特別措置法もありますから、治療の際は活用しましょう。

通販安い > B型肝炎

B型肝炎 予防接種

スポンサード リンク

予防接種って、そもそも必要なのでしょうか?
わたし個人的には必要ないのでは?という判断をしています。
予防接種って、例えばインフルエンザとかでもよくやりますよね?
でも予防接種をしたからといって本当に予防になるか?
というと疑問符がつきますし、副作用がこわいです。
(病院に言ってもなかなか副作用については取り上げないと思いますが)

薬害って今でもあると思いますが、私自身はもちろん、子どもや家族にも
副作用のある予防接種は受けたくないし、受けさせたくもないです。
もちろん最後はご自身の判断ですけどね。

病院や医師といえども、まだまだ間違った知識のまま治療にあたっていたり
副作用の心配のある薬を処方することだってありますから、
医療に関する知識は深めていきたいところです。

B型肝炎 感染経路

感染経路でよく言われているのが、唾液です。
が、調べてみると?唾液程度では危険とは言えません。
性交渉や血液感染、傷口をこすり合わせるぐらいのことをしなければ
心配は無いと考えておいてよいでしょう。

ただし、噛みつきによって唾液を皮下や傷口に擦り込んだ場合には
可能性がありますから、大人の場合は可能性は少ないでしょうけど、
小さい子どもの場合は遊びや癖で噛みついたりすることがあるでしょうから、
注意が必要ですね。

では、入浴はどうなのでしょう?入浴だけであれば問題はないかもしれませんが、
例えば血液感染には注意しなければいけません。

他に、ウイルスの中には遺伝子型(ゲノタイプ)と呼ばれるタイプもありますが、
これは例えば生まれた時に既に母子感染している時のような例ですね。

ちなみに、もしもB型肝炎に感染してしまった場合には?
救済するための特別措置法が施行されています。
治療のための給付金も支給されますから、必ず申請したほうがいいですよ。



B型肝炎 トップへ戻る