脳梗塞

脳梗塞

脳梗塞には、前触れ(前兆)がある場合が多いです。いきなり発症した!というケースは少ないので、しっかりと予兆について学んでおきましょう。早期発見できれば軽いうちに早期治療が可能です。放置しておくと後遺症などもこわいですからね。

通販安い > 脳梗塞

脳梗塞 前兆

スポンサード リンク

脳梗塞っていきなり症状が現れるというよりも、前触れがあります。
具体的にはどんな前兆があるのでしょう?
よくあるケースとしては、以下のような症状が挙げられます。

・体に力がはいらない。しびれる。
・言葉がうまく出ない(舌がもつれる)
・片側が見えない。物が二重に見える
・目が痛い(ひどい場合は目を開けられないほど)
・めまい

など。目に症状が出るのも特徴の一つとしてありますね。

こういった前兆があると、脳梗塞の危険性があります。
ちなみに、脳梗塞はお年寄りしかかからない病気ではありません!
若年性であれば40代、そして30代でもかかる人はいますから、
決して他人事と思わずに備えておくことが大切です。

女性の場合は女性ホルモンによって守られているのですが、
閉経後は注意が必要ですね。だから女性も油断は禁物です。

以前NHKのためしてガッテンで脳梗塞の前触れに関する
チェック項目がありました。そこで取り上げられていたのがFAST。

Face(顔)=顔の片方がゆがんでいないか(顔の麻痺)
Arm(腕)=両手を挙げたままでいられるか
Speech=ろれつはまわるか?らりるれろ、ぱぴぷぺぽが言えるか?
Time=発症時刻を確認

こういったチェックは自分だけでなく、周
りの人からのチェックも受けたほうがいいですね。

脳梗塞 症状

症状はけっこうさまざまなんですが、
日常生活に支障を及ぼすものが少なくありません。

目の場合であれば、単なる痛みだけでなく眩暈(めまい)もありますし、
単純に目が痛くなって開けられないほどということもあります。

血管が詰まってしまうことで、失語症など言語障害に陥ることもありますから、
そういうった重い症状に陥るのは避けたいですね。

初期の場合であれば後遺症の心配は比較的少ないですが、
重い場合は?治療しても後遺症が残ることだってありますから、
早めの発見と早めの治療が本当に大切になってきます。

特に高血圧の人は血管のつまりを引き起こしやすいので、
特に食事に気を遣っていく必要があるでしょう。
単に薬に頼るというのは個人的にはいかがなものかと。
やはり普段の生活を改善することで血圧も下げていきたいものです。

脳梗塞 トップへ戻る